話しあい。

95 話しあい。

 現在に至るも補佐はしおり宅で監禁もとい容赦なき情事の真っ最中。

「フィアンセ君はどうなったの?」
「気が移りやすいの、しおりは。恋多き人だもの」

 あっさり。

「2人はもう1か月以上欠勤している。いいことだわ」

 雲の上の上司は無事か。

「係長にはいいというまで課長補佐を兼ねるよう伝えてある。今年度のノルマをとうに達成した猛者、安心して任せられるのよ」

 家事を全部任せる? まさか、絶対私がやる。疲労がなんだ、空腹が、睡眠不足がどうした。支えてあげなければ。
 第一……。

「私の席をねらってくるでしょうね、補佐は……ふふふ。実に愉しみだわ」

 高貴な価値を手にした人には相応の責任が伴うそうです……。

「しおりもめでたくご成婚、家族が増えるかもね。すると?」

 産後太り……。

「人間誰しも歳をとる。すると?」

 中年太り……。

「しおりは顔、体。なにひとついじっていないわ。スタイルもご両親からでしょう。
 所作まで天性? いいえ、物心がつく前から日本舞踊、バレエ、各種ダンス、モデルウォーキングをかかさずずっと続けているのよ。
 あたしは美女。いえる自信がどこからわいてくるのかしら。
 天から? 地から? 自分からよ」

 白状した。

「実は私……人生最高体重を記録してしまいまして」
「えぇえ見てすぐにわかったわ」

 一本取られ返しだ。

「痩身エステの項目に見向きもしなかったそうね」

 なにもいいかえせませんでした。
 
 

 清子さん。退職してからお化粧したの、何回?
 実家で画面をぼけっとみていただけ? CMだらけ、健康食品かダイエット食品、いますぐもうかります。あやしいものばかりだったでしょう。
 需要があるからよ。
 どういう格好でどうすごしていたの? ゆったりしたやぼな服? 家事せず歩かずおやつまで食べて、お風呂はゆったり夜熟睡。
 どうなるかわかる?

 太るのよ。

リラックスを覚えないで。

 保湿は毎日必ずよ、洗髪を毎日するのと同じように。
 下着はサイズのあったものを。服も同じ。
 体、顔、肌、髪、爪。かなしいかな、すぐに油断しちゃうの。

 適度に緊張感を保って。過度はだめ、リラックスしすぎるのもだめ。人は簡単に、楽に流されてしまうから。
 
 

「服は着られればいい。化粧は肌にあわない、ノーメイク万歳。素のままでいい。赤ちゃんのお肌はとても敏感。わかるわ。
 人はひと、あなたはあなた。私はいまのあなたと話しているの」

 しおりが選んでくれた服が入らなくて、実家においたままのやぼな服と下着で、ノーメイクでまいりました。

「日焼けどめを塗らない、リラックスを覚えきった服。
 多様な価値観というのなら。古~い価値観も、存在していいわよねえ。
 あえていわせてもらうわ。ほかの誰でもない、あなたが。
 自分を捨てていない?」

 忠弘お願い、どうか私を捨てないで。

「百年の恋も一時に冷める」

 真っ青になった。

「少年からなにか、らしいことをにおわされたのでは?」
「うっ」

 さすがのご烱眼

「……実は」
「えぇえ知っていたわ。スワンダブル、この目で見てみたいわねえ」
「事前に教えてくれても……」
「あぁら。あなたはゲーマーでしょう?

初見プレイは一度きり。

 知っているわよね」

 隠し通路、隠し武器、特殊な方法でしか見つからない宝箱。
 検索し、存在や発見方法をプレイ前に知ったなら。見つけ、とりにいくことはもうゲームではない。
 わくわくも、どきどきも、興奮も驚きも感動もない。無感情の、単なる作業。

「事前に教えてもよかったのかしら?」

 首をぶんぶんと横にふった。
 
 

 本日のエステはたいそう時間がかかった。遅くなると事前に連絡を入れていた返事は、

山本忠弘
ただひろ

さやがより美しくなるのはいいことだ。

 理解のある夫だ。
 とっぷり暮れたころ、

「さぁや……いちだんときれいに……」

 つやを帯びた瞳で夫にほめられればうれしい。本来は。
 家に帰る車中、

「忠弘とおそろいの腕時計を作ってもらったから私に贈って」
「うん、任せろ。楽しみだ」
「どんなのだろうね」
「見ていないのか?」
「うん。ふたりで初めてを一緒に見よう」
「実にうれしい」
「忠弘も髪の毛をさっぱり切ってもらったね」

 駐車場に到着。

「もう遅くなったから、まずごはんにしよう?」
「うん」

 食事中、

「いつもおいしいよさぁや」
「食後に一緒に時計を見よう。そのあと相談があるの」

 かけひきなし。

「……なんだろうか。
 気になる。妻の相談に乗れなくてなにが夫だ、時計を見る前に聞きたい」

 ふたりで歯をみがき、メインリビングルームへ。抱っこをさらりとかわしてきりだした。

「私、太ったの」

 運動してやる。適度に散歩? いいえ、ダッシュよランニングよ!

 深くふかく反省した。

 人とは顔でもスタイルでも歳でもない。いかに自分でやったか、他人任せにしなかったかで決まる。日がけ月がけ心がけ、ただでできる努力はなんでもやる。

「エステで教わったの。美貌を保ちたいのなら保湿、以上」

 今日のお手入れが将来必ず現れる。化粧道具は正しく優しく洗う、さぼらずに。

「……セックス後はお肌つるつるという話はどこへいった」
「じゃあ、山本家の家訓をいいます」
「いい響きだ、家庭そのものだ」

 とたん忠弘は喜色満面。

「1. 笑顔」
「いいな、営業の基本だ」
「2. 保湿」
「……3は」
「3. 食事」
「うん」
「4. 睡眠」
「さぁやがいてくれれば眠れる。……そろそろ致す、はないのだろうか」
「5. 健康。病院を転々としたんだよね、散々いわれたでしょう?」
「……うん」
「6. 仕事」
「……ちゃんとする。さぁやは仕事ができる俺が好きなのだろう?」
「うん、大好き」
「任せろ」
「7. 家事」
「任せろ」
「以上かな」
「……さすがに俺の意見も取り入れてはくれないだろうか」
「そうだね。じゃ8は?」
「致す」
「9は?」
「以上」
「うん、わかった。家訓は以上。役割分担を決めよう?」
「……役割、分担?」
「うん。だって夫婦だもの。ふたりで共同作業しよう」
「実にいい……!」