淫乱キャット。

72 記憶鮮明編 淫乱キャット。

「ひどい。俺はいじめられている」

 すべてを否定できず、困った。

「夫いびりだ。DVだ」

 そこまでいびっていない。

「……あのね」

 すねている。どうしよう。

「怒らないで」
「いやだ」
「機嫌を直して」
「むりだ」

 背中をむけたまま。

「愛してあげる」

 ぴくんと反応した。

「慰めてあ・げ・る。いや?」

 すぐさまふりむきぎゅっと抱きしめ、愛して慰めてと甘えすがる。勝った。