大開脚。

52 大開脚。

SUN, 7 NOV 2010

 目標、海を見る。

 致しつづけてなまけていた。
 ひさびさにアスファルトをとらえる。早朝から行動を開始しているお仲間の迷惑にならないよう、信号では足ぶみのまま。
 南下する。
 帰巣本能、時刻・方向感覚。忘れない、奪われない。

「はっ……、はっ……、はっ……」

 視界に入るものが移動しながら変化する。空が白んで明るくなる。消えゆく星はあえて追わない。

「朝陽にむかって走れ!!」
 
 

 息があがる。筋肉が悲鳴をあげる。
 寝転がった。まぶしくて腕でさえぎった。

「はー、はー、はー、……はー……」

 のどがかわく。
 むちゃしてお助け連絡は情けない。途中、自動販売機のお世話になった。体にいいらしい液体は透明な砂を胃につめこんでいるよう。

「……そうだ」

 水筒を選んでもらおう。口づけをこいねがえば感慨無量の味がする。

 予想もしなかった、いまを。
 問われたとき答えられなかった。からっぽのまま生きた。

「でかけよう」

 遠出して、野原のにおいを知ってほしい。貝塚までの道のり、森や林のなかの道ならぬ道を一緒にいきたい。葉にさえぎられた木もれ日と樹がつくる影、おそろしいほどのコントラスト。手にてをとって走った先、波煌めき緑まじる青い海をふたりで見たい。

「……そろそろ帰るか」

 料理中、いつも小さくうなって……。
 ブリッジ一発立ちあがった。
 
 

 生理です、致せません。言ったが最後、どうなるか。

「わかったでかけてくる」

 広い新居にぽつん。
 いや待て、前もあった。ひょっとして……?
 
 

 さわりの1週間、ずっとごはんを食べてはひとっ走り。日中でかけ、夜になると勉強した。なんという勤勉良夫。
 触発されるではないか、恋の正体はわがままとみたり。

 横からうかがう。
 同じ営業とはいえ、いままでとはまるで違うはず。あの猛者ぞろいの大会社に投げこまれて……どう挑む?

「さぁや」

 目がかわいていた。

「飯」

 もう手持ちの料理ねたがつきた。
 切実に、母に教わりたい。
 キスしたい、頼りたい……。

山本忠弘
山本忠弘

忘れた。

 配送先の住所も知らない。

「いっぱいでかけよう。あらゆる市区町村・都道府県・国で致そうな」

 ご迷惑ですよ。

「気分を変えようか」

 うれしいです。

「視聴室で映画を見よう。
 コメディが好みでな。ホット・ショットはどうだ? 俺は2から見た」

 この男がギャグ。意外だ。

「あとでさぁやの趣味を教えてくれ」

 少し知っているタイトルがあった。楽しそう。

「頼むからあの下着は着るなよ」
「ほかのは?」

 言葉責めならぬ下着責め。いかが?

「……いうな」

 視線を斜め下に落としている。ふっ……。

「最初の観音様で十分、くっ……さぁやは刺激が強すぎる」

 やったね。

「じゃ、いい?」
「鞭とろうそくというのは……」
 
 

 ハウスウエアに着替え、玄関へむかったら滂沱のぱんだが気落ちしてお待ち。
 手をつなぐ。とたん喜色満面、感情を体いっぱい表現する。

「にんじんは知っているんだよね」

 少し教えようか。

「形状からしてきゅうりも入れていいのでは」
「仕事で商品を扱うために原材料を熟知する必要があるように、食材も名前と商品を結びつけて覚える、ってできるんじゃない?」
「ああ……そういえば」
「たとえばね、たとえばだよ。私がどうしても家から出られないとき、なにか食べなくちゃいけないでしょう? 食材を買うリストのメモを渡すから、買ってきてほしいの。いい?」
「うん」

 すなおないい男。

「これが卵、わかる?」
「入れると中で割れて痛そうだ」
「……油をひくの油って、なにかわかる?」
「ガソリン?」

 先は厳しい。

「卵を割るって聞いてどう想像した?」
「握りつぶす」

 論外。

「お肉は難しいな。豚・鶏・牛。違い、わかる?」
「聞くほうがやぼだ」

 そうでしたね。

「営業的感覚で覚えて?」
「まさか仕事ができん男がどうのと……」
「いわない。研究。課題。得意でしょ?」
「このままだと料理しろといわれそうだ」
「どうしてそんなにかたくななの?」
「さぁやに捨てられる」

 なにをいまさら。

「料理してくれとプロポーズしたんだぞ。できないから同情してもらったんだ。奇跡的に料理してみろ、ああそちらさんできたんですね。即離婚だ」

 ここまでいわせるほど私の行いは悪うございました。たいへん申し訳ございません。

「カップラーメンがない、手料理は精液だけだ」

 惚れた男の勢いだ、うまいとなんとか……まずいです!

「庶民の魚もちゃんとあってよかった、切り身ばんざい」
「まったく見分けがつかない。実に難しいが研究しがいがあるな。みていろよ、情報だけはさぁやより持ってやる」
「うん、その調子」

 いっぱい作ろう。
 なんにしよう。

「これはどうだ」

 なんとこの男が料理の提案だ、ああ驚いた。

「なすを握りしめてなにか意味があるのかな」
「やはりこれが」
「バナナがどうしたの? そんなにいま食べたい?」
「聞いたところによると、さつまいもを加工するといいらしい。どこにある?」
「……そういうお友だちがいるんだ。ふうん。
 私がなにをいいたいかわかるよね」

 捨てないでとすがられた。

 後ろから抱きしめてもらっての料理はかなり余裕だった。いつもこうだったらなあ……むり?

 ホット・ショット2、鑑賞。

「あの意味のない後方宙返り、ショーツなしによる生足360度大開脚をやってもらいたい」
「それで2のほうをみせたの?」
「うん