無上の夢。

50 無上の夢。

WED, 5 MAY 2010

「致すところだ」

 足で扉を開けた夫に襲われました。

 ないてあえいでイかされて。
 がんっがん腰をふりながらいきいきと、新居がどうの説明され。

 ごはんは……誰が……。
 
 

「すごいねここ」

 キッチンもさすがのプロ仕様。説明返ししたくなる。

「指2本じゃたりないよな」

 お姫さま抱っこからおろしてくれる、そっと。
 なんだろう、いつものデリカシーのなさはどこへいった。

「広いのにほんわかして、いいなあ」

 即座に背後をとり、ぎゅっと。あててくる。

「まな板をおくところが何箇所もある、余裕を持って料理ができるよ。ぴっかぴか。片づけをきちんとしないと、いままで以上に時間がかかるな。
 わあよかった、前買ったジャーだ。ご飯は私がとうてい使えない本物で炊くと本当においしいんだよ。
 食器が多種多彩、ずらり。いくらするかな、間違っても落とせない」

 熱い。大きくて硬くて。

「調味料も調理器具もやっぱりすごい。こんなの使いこなせないよ。冷蔵庫もすごいね、こんな大きな業務用が3つ。
 ワインセラーにビールだけ?」

 激しく動きだす。上下に、左右に。円を描いて。

「食材がある。そっか、旧宅の食べ物を粗末にしなかったんだ。えらい!」

 嫌いじゃないなあ。

「包丁もこのあいだ買ったの以外がおいてある。何種類もあったってなんとかに小判だよ」

 挑発がとくに。

「聞いている?」
「うん。犯したい」

 すそをめくりあげ、

「き・て」
 
 

 午後、すきっ腹をかかえて書斎へ。調べてからコンビニへいこう。
 座る忠弘の上に乗ってぎゅうぎゅう検索。

「コロッケとかいいなあ。油は本当に危ないからだめ、ね?
 新居に引っ越し祝い、カレーにしようかな。いか大根、いいなあ。ひじきの煮物が食べたい。なめこ汁にしようっと」

 この男を相手に毎日規則正しく外出、できるわけがない。
 深くかしこく考えないと。なんとけわしい主婦の道。

「牛丼とかいいなあ。よく食べたでしょう、もっと盛ってあげる」
「女体盛りのお初が牛丼か、考えていなかった」
「料理のりの字も知らない男がなにか食べ物を盛ったことある?」

 仲よく一緒に家を出た。

 エントランスを通り、外へ。もうすぐ10月の気候は穏やかだった。
 ああ、これが世間の空気……!
 鍵の開け閉めも教えてくれない。たしかに悪うございました、悪すぎました。けどねえ。
 なにかあったらたいへんじゃないか。
 いざとなったら雲の上の上司にすがろう、あのぶんじゃかなり考えているはず。

 手をつないで歩いてコンビニへ。大きなカートに入れっぱなしで運べる。
 スパゲティ用のレトルトソース、カレーのルー、チャーハンの素。
 必需品もおいてあった。なければ遠征するしかない、ほっとした。

「洗濯物はすべてそこのクリーニング店で。だと」
「ぜいたく! だめ、過保護すぎ」
「うん、とくに下着を出さないでくれ」
「室内干し見て欲情しないでね」
「野外プレイが……」

 家に戻ってすぐ。

「挿れていいだろ」
「ちゃんと集中して作りたいな」
「俺の夢だ」

 お昼ごはんもまだ。

「後ろから抱きしめてね、でないと料理しない」
「そういう脅しは実にうれしい。カレーなら前の5割増しで頼む」
「……本当ですか」

 大きな鍋でいっぱいだったのに。

「いい言葉づかいだ、勃った。さ・ぁ・や」
「私、そちらさんを愛しています」
「俺は君が好きだ」

 ……感じちゃった。