変態して待っている。

49 変態して待っている

「家から出る予定はね。
 飲み会しない? 忠弘と私。一課長と秘書、そのお相手さん。5人で、私のいきつけの酒場で」
「今度はどの客を勃たせる気だ」
「貸し切りにするって」
「ならいい」

 ほっとした。

「俺はもう、すぎた昔をしつこく語りたくはない。
 だがな、渡辺君とやらと密室で楽しく2人きりで飲んでいる、と知ったときの俺の心境を少しはわかってくれ」
「……うん」

 あれはちょっと反省。
 たとえば、その気がある木下と忠弘が2人きりで夜、飲んでいたら?

 赤と白の鉄塔によじ登った架空の怪獣より凶暴化できる。

まっちうりのさやこ。
まっちうりのさやこ。

 こうして私は口がうまい営業職の夫から許可をいただくことができたのです。ああよかった、友だちとの約束をなんとか守れてほっとした……。

「……おっほん」

 忠弘の視線が床をはっている。

「知ったのは、2通の怪メッセージでだったがな」
「え?」

 怪って、怪獣の怪?

「おっほん! ……1通目は昼。前にも入ったアカウントから。

不明
不明

状況をお知らせます。あいさつにきていたのは見て知っています。通じていないようですから、会社ではなく、家に連れこんだらどうです?

 2通目は夜。

不明
不明

酒場にいます、迎えにきてください。

 誰が送ったかわかるな」

 ……ったく、このぉ……今度会ったら火ぃふいちゃうぞ……うれしくて。

「さぁやが合コンなんぞにいったとき、俺が現場に急行できたのもあの人物からの怪メッセージでだった」

 今度は蛾の怪獣になろうかなあ!?

「おっほん!」

 がぉー。

「……式をどこで挙げるかはまだ決めかねているがそれまで敷地内から一歩も出さん」

 きりりと音が聞こえるほど凜々しい表情で言い切る忠弘。どうサディスティックに形態変化しようと曲げないぞという意思表示だ。困った。

「……あの、ね」
「だめだ」

「……散髪くらいはしたいでしょう? 私もするよ。髪ぼうぼうはどうかな……」
「なんだ。日本一の店にでもこい、か」

 ばれたか。ちょっとくらい出してよぅ。

「身だしなみは整えなければな。さぁやにもてたい、気を使っていた」

 やっぱり? 気合入っていたもんね、あのスーツ姿……。

「俺にとっての日本一とは、俺の髪質をよく知っている友だちの店だ。ほかは行かんぞこれからも」
「うん。あの、私は?」

 友だちの店で散髪しますか?

「……さぁやがきれいになるところはこれからも見たい。どこかは知らんが一緒にいくぞ」
「うん」

 よし、約束をとりつけた。えらい私。まっちを売ったかいがあった。

「ほかは」
「以上かな」
「わざと話をそらしたな」
「なんのことかな」
「4か月間ふたりきり。犯りまくり天国だ、ばんざーいだ」

 ああ……。

「まずは家の探検だ。どこでどう俺に犯られるか、濡れながら見ろ」
「ん……もう。いいよ、連れていって」