ゆびで。

47 ゆびで。

MON, 30 NOV 2009

「危急存亡の秋に辞められるか」
「……だよね」

 課長、みんな。うらみは私が一身にうける。
 渡辺君、ピンチはチャンスだ自力ではねのけて。

「10割復帰の件はなし、代表者に直接伝えたぞ。だと。
 ……いいかえせなかった」

 すねている。
 こども同士のかわいらしいけんかに負けちゃって、認めたくないみたい。

「しかたがない。内容を聞いた」

 4か月ふたりきりだ、体力が。

「断った」
「ん?」

 考えが及ばない。

「なにが才覚次第だ私用携帯電話もろくに使えんだ。俺と逢えず声も聞けずでどうだった」
「すーーーっごくさびしかった!」

 たいへんな一日だった、もうごめんだ。

「俺もだ。論外だと答えたら合格だと」

 ん?

「仕事だけの者は不要だそうだ。
 一課長、補佐だけでなく、案内役にも面接されていた」

 車内ならずいぶんな圧迫。いやだなあ。

「いいかえした。6割復帰は俺の手柄ではなかろう」

 ……ん、反応のしかたが。

「ほそぼそと営業続行。大会社の体面をみずから捨てたも同然だ。直接の加害者が謝っていない、ありえん。別の理由があるな。
 合格だそうだ」

 案内役は椎名の上司。

「見抜けん者はいらん予定だったがけっこうだ、わが社にこないか。こっそりレベル10をやろう、だと。
 さぁやと相談してからと伝えた」
「……そっか」

 夫の背中を押そう。
 任せたよ。

「新居の売りは警護、さぁやは逃げも隠れもできん。だと。
 転職する。二つ返事で引き受けた」

 ああ自信満々。

「あの、……ね?」
「いくらでも俺をさぁやに挿れる。
 望むところだ、どんとこい」

 こころに悪魔。みんな、棲んでいるよね?

4か月後は解放される。

 あま~いささやき。
 夫は見逃さなかった。視線がいたい。負けた。
 いさぎよく毎晩致されよう……。

「引き継ぎがある。帰社する、車を停めろとけりとばした」

 なんだと。
 したかったんだぞこっちだって。社会人の礼儀がなっていないでしょう、いくらなんでも。
 自分だけする気だったの?

「つまらん。ふだんのつながりが薄いのか、すっぱり辞めてみせろ。だと。
 ……いいかえせなかった」

 天使が拍手。
 どういう人だろう案内役って。

「式だ披露宴だの衣装、新郎側はどうする気だ。
 いいかえせなかったら即断しろ、だと。
 目の前にいる人物が誰かまさかわからんわけがあるまい。活かせる機会と判断できたら決して逃すな。それすら知らんか、なにが営業だ。さんざんいわれた」

 ひとの夫に。どういうやつだ。

「結婚指輪も世界一のものを用意してやる、だと。

山本忠弘
山本忠弘

なぜここまで世話を買ってでる?

 未来の部下のめんどうをみれば一課長に貸しを作れる、大手をふって引退できる、ぜひ頼れ。だと」

 いいかげんにして。

「辞任届にサインしたら、

椎名玲
椎名玲

夫人のめんどうをあんなにみたのに名誉職にすら残らんとは。根まわししてやる。

 握りつぶされたそうだ。
 一本取られたと聞きこれだと即断即決、ぜひ礼をいっておいてくれ。だと」

 知るか。

「さぁやに感謝していた。しかたがなく頼んだ」

 いいのか。

「新婚旅行をどうするか聞かれた。多少俺の趣味を知っているらしく、アウトバーンを走りたかろうとずばりいわれた。

この投稿をInstagramで見る

Die Autobahn(@autobahn_bund)がシェアした投稿

 ついそのとおりといいそうになったら、近所のフランスの教会で式をしてはどうか、夫人息子と一緒に参列できると勝手なことをいう。
 客を全員プライベートジェットで優雅にご招待するそうだ。
 友だちにただで海外を旅行させたい。アウトバーンも走りたい。さぁや、どうしよう」
「そこで話を私にふるの……?」
「考えておいてくれ」

 なんとなく、目が別の形になっているような気がする。

「家から一歩も出さんとは不健康だ、敷地内をふたりで散歩しろ。だと。
 反論できなかった」

 よかった外の空気を吸える。

「体と心の健康状態を聞かれた。
 食生活、睡眠状況ともに最低。いいかえせなかった」

 大の苦手、カロリー計算と対決してみるか。

「致しまくりで体力を奪い飯まで作らせるとは。健康もきちんとみろ、体重が前より減っていたら警護が誘拐するぞと脅された。
 何kg?」
「えーっと……」

 減っているような気がしないでもない。

「空調も完璧だが甘えるな。まさか致したあとろくに風呂にも入れず、真っ裸でうろついているんじゃあるまいな。だと。
 この野郎は俺たちの家を盗撮しているのかと疑った」

 極端だなあ……。

「都内有数の総合病院を紹介された。医療費は気にするな。だと。
 風邪薬をはじめ生理用品、生理痛に効く薬もどっさりもらった。使って」
「……う、ん」

 言い訳が通じない。

「旧宅を紹介してくれた友だちには、俺の妻は豪勢なマンションを持っている。こちらにこなければ結婚しないと脅されしかたがなく引っ越した、勘弁してくれと言い訳した。
 許して」
「……いいよ」

 なんとな~くだんだん包囲網が……。
 左手首をなめてくれる。脈のところにはうくちびる、熱い舌に感じてしまう。

「俺からの話はいったん終了だ。さぁや、順に話してくれ」