ともに歩むふたり。

33 ともに歩むふたり。

SUN, 9 NOV 2008

 いままでで一番しずかな声。

 もっと早く。
 できたのに。いつでも、なんでも。

「泣かないで。
 甘えていいんだろう? 一生すがって頼るからな」

 観音様のようなほほ笑み。

「どうした……?」
「……どうして?」
「……惚れたから」
「こんなに……」

 もどかしい。

「俺の客は友だちだけだ。さぁやも親御さん以外は友だちだけにしてくれ。そのへんの、小さな教会で挙げたい。いやか?」
「いやじゃない、そうしよう」

 楽しそうな友だち。……うらやましい。

「結婚の誓いのとき、指輪交換があるだろう? それまでに用意してみせる」
「……待っている」

 子どものころは誰でもこんなふう。瞳も曇りないガラス玉、おおきな黒目。
 いつから変わってしまうのか。

「飯を食ったら役所へいこう」

 ごはんを作って……あ。

「どうした?」

 肝心なことを。

「私の親に結婚の報告をしたいの」
「ああ……そういえば」

 教えてあげよう、一生かけて。

 どこ? 確か、メッセージを送ったのが操作したさいごだったから……そうそう、

「寝室」
「で致そう」

 あまりにも感情がまっすぐだと、ガラスさえ曇らない。本当にこの男、5歳児のままいきなり現在に至っている。

「……抜くなら抜くっていうのは?」
「寝室イコール愛の巣だ」
「……おなかが空いた」
「後ろから犯ってやる」
「汗でべとべと」
「風呂場も致すところだ」
「……じゃ、どこで?」
「家のなかは致すところだ」

 ほかはないのか。

「……。とってきて」
「離れられるとでも?」
「トイレは」
「致す」
「どうやって」
「放尿しながら」

 ぶん殴った。

「痛くない」
「Mか」
「さぁやが開発した」

 さあ折衷案だ。

 ロマンティックなお姫さま抱っこを希望、この体勢なら致せない。
 寝室へいって、すぐリビングにとってかえして連絡。
 ドライブ中眠って体力を回復します、あとはぶっつづけ。どう?

「さすがさぁやだ。営業にきたらさぁやのほうが出世したな」
「もう、へんなプライドは捨てて!」
「いやだ」

 実家に連絡してくれた。

Hello, world あなたの加納でーす!」

 実父。50歳前後、男性。
 コーヒー類だけ偏執的に凝り、ほかは能天気。自称万年係長でずっといたいなあ、なんだかあやしくなっちゃった。

「そちらさんの娘の清子ですが」
「おぅやわが娘。ひさびさだな、どうした。いよいよリストラか?」

 に結婚したな。

「私、好きな人ができたの」
「なにーーーーーいいいい?!」

 あのころこの手の感情はわれながらなかった。
 忠弘をどうこういえないな。

「誰でもいい、気が変わらんうちにやっちまえ!!」
「うんやった、気が変わらないうちに結婚したいの」
「でかしたわが娘!! さっさと役所へいけ、届けを出せ!! 気が変わっても離婚届にサインしなきゃいいんだからな!!」
「そうする。でね、気が変わらないうちに夫と家に帰りたいの」
「わかった連れてこい!! 拷問かましていうこと聞かせてやる!!」

 ピンヒールを持っていこう。

「ごちそう10人前を準備して、夫大食漢なの。ちゃんと立派な格好して待っていてね。ああそうそう、ビールもいっぱい」
「さぁや。行くのはいいがすぐ帰る、家で致したい」
「18年間暮らして私のにおいのしみついた私の部屋で致したくない?」
「致したい。
 親御さんたちは俺の営業トークで飲ませつぶす、俺たちの激しい愛の営みの音を聞かれずに済む」
「うん。お父さん聞いた?」
「でかしたわが娘ーーーーーー!! さっさとこい!!」

 ぷっつり切って、

「どう?」
「最高だ。さすがさぁやだ、営業部長にどうだ?」
「やったね忠弘をこき使ってやる」