擬ぱんだ

2020年まとめ。

努力したか? していない。
固い頭を粉々に粉砕しろ!

漢字をひらく

擬ぱんだ

【校正】ひらく漢字の決定版!常用漢字表(H22改正)ほか
https://kotobanoyorozuya.com/hiraku-ichiran/
副詞・接続詞・形式名詞・補助動詞・副助詞は原則ひらく。

擬ぱんだ

まだ文字校正で消耗してるの? LIGブログの表記ルールについて整理してみた
https://liginc.co.jp/402874
開くと閉じるを考える
https://fluowrite.com/14
補助動詞は開く・複合動詞はどちらかの動詞を開く・当て字等は開く・難解な漢字は開く・一般的でない漢字は開く

漢字→かっこ書き。

友達(友だち)事(こと)辛い(つらい)毎(ごと)
掛(か・け)為(ため)無い(ない)有る(ある)居る(いる)要る(いる)
風に(ふうに)充分(十分)揃える(そろえる)時(とき)後(あと)全く(まったく)全て(すべて)割に(わりに)貰う(もらう)
朴訥(木訥)怯む(ひるむ)取り柄(とりえ)
又は(または)及び(および)若しくは(もしくは)
~は~は(~わ~わ)
綺麗(奇麗・人間の顔にのみ使い、ほかはきれい)
不味い(まずい)美味い(うまい・おいしい)可愛い(かわいい)
伝手(つて)良い(いい)この上は(このうえは)~て上げる(~てあげる)~て下さい(~てください)所(ところ)訊く・聴く(聞く)仕舞う(しまう)嫌味(嫌み)ご存知(ご存じ)溜め息(ため息)我(われ)嘘を吐く(うそをつく)方(ほう、かた)誤魔化(ごまか)見栄(見え)易い(やすい)
大事(だいじなら漢字のまま、おおごとは大ごと)
皆様・お疲れ様・奥様(みなさま・お疲れさま・奥さま)
済みません(申し訳ございません)
御蔭様(おかげさま)お互い様(お互いさま)
程(ほど)先程・山程(さきほど・やまほど)身振り手振り(身ぶり手ぶり)駄目(だめ)喋る(しゃべる)他(ほか)肩書き(肩書)
所々(ところどころ)
拙い(つたない)
潰す(つぶす)叩く(たたく)
凄い(すごい)偉い(えらい)仰る(おっしゃる)尋ねる(たずねる)伺う(うかがう)繋がる(つながる)噂(うわさ)真っ直ぐ(まっすぐ)俯く(うつむく)以て(もって)未だ(いまだ)一通り(ひととおり)明後日(あさって)一昨年(おととし)一昨日(おととい)
いちいち(その都度)逸らす(そらす)煽動(扇動)有り難う(ありがとう)御座います(ございます)面白い(おもしろい)滅多(めった・当て字)無理矢理(無理やり)非道い・酷い(ひどい)妬む・嫉む(ねたむ・そねむ)罵る(ののしる)
余所(よそ)幾ら(いくら)
他人事(ひとごと)
食事を摂る(とる)
普段(ふだん・当て字、不断しか辞書にない)
僅か・纔か(わずか)幾何・幾許(いくばく)

迷う「~ていく」「~てくる」
https://www.tomojuku.com/blog/teikutekuru/

本当にわかっているか? 知っているか?

電話はこない、電話はかかってくる
とにかく≠ともかく
歳上・歳下(辞書にない)年上・年下
敢え無く≠残念ながら 敢え無くなる(死ぬことを婉曲にいう語)
ある≠とある
ある【×或る】 の解説
[連体]《動詞「あり」の連体形から》はっきり名を挙げずに物事をさす語。また、漠然と物事をさしていう語。「或る所」「或る日」「或る人」
と‐ある【と×或る】 の解説
[連体]たまたま行きあった場所や家、または日時などをさしていう。ある。「と或る食堂にはいる」「と或る夏の日のことである」
解答用紙≠答案用紙
解錠≠開錠
解放≠開放
つむる≠つぶる
手を挙げる(挙手)≠手を上げる(暴力)

三度目と4回目
度と回の違い
https://www.oricon.co.jp/news/2012964/full/

さがす

もと

あらい

ま・る

あらわれる

かわく

かえる

きせき

よげん

おさまる

おぼえる

ともに

のびる

つく

かける

かたい

わく

たいおう/おうたい
対応と応対の違い
相手が人に限定されるかどうか

うなずく

動圧 動因 動員 動画 動学 動感
動悸 動機 動議 動向 動作 動座
動産 動止 動詞 動静 動静 動勢
動線 動息 動体 動態 動地 動的
動天 動転 動熱 動物 動脈 動揺
動乱 動力 動輪 異動 移動 運動
活動 火動 可動 渦動 稼動 感動
起動 機動 挙動 駆動 怪動 傾動
激動 言動 原動 行動 鼓動 策動
作動 実動 始動 自動 出動 手動
主動 受動 蠢動 章動 竦動 衝動
聳動 情動 初動 所動 振動 震動
生動 制動 摂動 扇動 顫動 蠕動
騒動 胎動 他動 地動 転動 伝動
電動 響動 念動 能動 拍動 発動
波動 反動 飛動 微動 秤動 漂動
風動 不動 浮動 変動 妄動 連動
暴動 脈動 無動 鳴動 盲動 躍動
遊動 誘動 揺動 欲動 雷動 律動
流動

さら・すの意味
すみずみまで見る。また、じっと見る。「書面の筆跡に―・す」

とる

「擱く」は“終わりにする”の意。「置く」とも書く。「筆を擱く」

たいせい

おごるなんとか久しからず

○○屋という呼び名はすべて差別用語
https://www.hajime-clinic.com/2019/05/30/%E5%BE%98%E5%BE%8A-%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%8B%E3%81%84-%E3%81%A8%E5%91%BC%E3%82%93%E3%81%A7%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%91%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%8B-%E5%81%BD%E5%96%84%E3%81%AE%E8%A8%80%E8%91%89%E7%8B%A9%E3%82%8A-%E7%AC%AC%EF%BC%95%E5%9B%9E/

字面で性別を差別するものは使用不可。
性別がわかる呼称はすべて差別用語。
https://getnews.jp/archives/2016558
https://news.livedoor.com/article/detail/16187487/
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2010/04/post-dde8.html
取り上げる(放送禁止用語)取りあげる

づらい/にくい

なら/のなら

うかがう

正しいのは「割と」「割に」
「割と」は「わりと」と読む
「割と」は「比較的」「思いのほか」を意味
「割と」は「割に」のくだけた表現で、改まった場面では使わない
「割と○○」という形で、「割と好き」「割と良い」「割とどうでもいい」などと使う

論を俟たない。

いただく

蜂に螫される

ください

にやける

ち‐ぬ・る【血塗る/×釁る】
[動ラ五(四)]《昔、中国で神を祭るためにいけにえや敵の生き血などを祭器に塗ったところから》刀剣などを血で汚す。戦いなどで血を流す。殺傷する。「―・られた革命」

りん

きをつかう/きづかい
(新聞や雑誌、書籍の用字用語集では)

あく/あける

○『がっしり 』は「つくりがしっかりしていて、丈夫そうで力強いようす」を表し、『がっしり(と)した体格』や『がっしり(と)組み立てる』のように使います。
主に見た目を表すということです。

○『がっちり』は「物事の構造や体つきがたくましい様子」や「しっかりしていて抜け目がない様子」を表します。
たとえば『がっちり(と)肩を抱く』『がっちりもうける』『がっちり屋』などのように、状況や状態を主に表します。

さらす[晒す] 白くする 布をさらす 薬品でさらす
さらす[曝す] 当てる 風雨(日・身を危険)-にさらす 恥をさらす

×明るみになった ○明るみに出た
×足元をすくう ○足をすくう
×否応なしに ○いや応なしに
×おぜん立てを揃える ○おぜん立てをする
×思いもつかない ○思いもよらない
×過半数を超える ○半数を超える
×声を荒(あ)らげる ○声を荒(あら)らげる
×寸暇を惜しまず ○寸暇を惜しんで
×雪辱を晴らす ○雪辱を果たす
×見かけ倒れ ○見かけ倒し
×愛想を振りまく ○愛嬌を振りまく
×二の句が出ない ○二の句が継げない
×頭をかしげる ○首をかしげる
×池の中の蛙(かわず) ○井の中の蛙
×上にも置かぬもてなし ○下にも置かぬもてなし
×屋上屋を重ねる ○屋上屋を架す
×数えられるほどしかない ○数えるほどしかない
×秘密漏えいを守る ○秘密漏えいを防ぐ
×異存は出なかった ○異存はなかった、異議は出なかった
×心血を傾ける ○心血を注ぐ
×取りつく暇がない ○取りつく島がない
×シュミレーション ○シミュレーション

×合槌を打つ ○相鎚を打つ
×上げ足をとる ○揚げ足をとる
×一同に会する ○一堂に会する
×一部のすきもない ○一分のすきもない
×大番振る舞い ○大盤振る舞い
×大見栄を切る ○大見得を切る
×遅れを取る ○後れを取る
×お話します ○お話しします
×喝を入れる ○活を入れる
×感違い ○勘違い
×完壁 ○完璧
×聞いたふうなことを言う ○利いたふうなことを言う
×危機一発 ○危機一髪
×肝に命じる ○肝に銘じる
×気(け)嫌いする ○毛嫌いする
×厚顔無知 ○厚顔無恥
×口答弁論 ○口頭弁論
×身入りのいい仕事 ○実入りのいい仕事
×飛ぶ鳥跡を濁さず ○立つ鳥跡を濁さず
×公算が強い ○公算が大きい
×数えられるほどしかない ○数えるほどしかない
×新規巻き返し ○新規蒔き直し
×しかめつらしい ○しかつめらしい
×押しも押されぬ ○押しも押されもせぬ、押すに押されぬ
×~した矢先 ○~する矢先
×親不幸 ○親不孝
×社交辞礼 ○社交辞令
×取り付く暇がない ○取り付く島がない

×しゅっせいりつ ○しゅっしょうりつ
×たにんごと ○ひとごと

檄を飛ばす
×激励する ⇒ ○自らの主張を強く訴える

辛党
×辛い食べ物が好きな人 ⇒ ○お酒が好きな人

煮詰まる
×もうアイデアが出ず、お手上げ ⇒ ○十分に議論ができた
「たくさん話し合ったが、これ以上アイデアが出ない」という意味で「この企画は煮詰まった」と言うのは誤りです。
十分に話し合いがされ、考えがまとまってきた、という肯定的な意味になります。

○「玄人はだし」
×「素人はだし」

やおら
×突然、急に
○ゆっくりと

いそいそと
×気付かれないように行動するさま、こそこそと
○動作にうれしさがあふれているさま

課金
×利用料金を支払うこと
○利用料金を徴収すること

噴飯もの
×腹立たしい行為・発言・施策
○思わず噴き出してしまうほどおかしな行為・発言・施策

×弓矢を引く
○弓を引く。矢を放つ。

君子豹変(くんしひょうへん)
×突然人格が変わったように乱暴になる ○過ちをすぐに認めて変わる

やぶさかでない
×~してやってもよい ○~するのに協力を惜しまない

◇「かかやく」
炫→ひかり。炫(かがや)く。
耀・燿・曜→耀・燿・曜(かがや)く。
燁・曄→ひかる。燁・曄(かがや)く。
焜・煜→ひかる。焜・煜(かがや)く。
暉→輪を描いて広がる光。暉(かがや)く。

◇「あきらか」(光の意味がある)の漢字。
朗→月光が明るい。朗(あき)らか。
杲→日光があかるい。杲(あき)らか。
昭→日光があきらか。昭(あき)らか。
晃・炯→ひかり。晃・炯(あき)らか。
燦→光がきらきらひかる。燦(あき)らか。
晶→明るくきらめきかがやく。晶(あき)らか。
煥→ひかりかがやくさま。ひかり。煥(あき)らか。

◇「金(金属)の光」の漢字。
銑→金属の光沢。銑(せん)。
録→金色にきらめく。録(しる)す。

◇その他...
皇→かがやく。皇(かみ)。
皎→白く光る。皎(きよ)い。
彩→ひかり。彩(いろど)る。
熒→ひかり。熒(ともしび)。
映→日光がはえる。映(は)える。
爚→ひかる。爚(や)く。爚(ひか)る。
皓→白く光ってあきらか。皓(ひか)る。
洸→みずがわきたって光るさま。洸(こう)。
明→光が照らしてあかるい。明(あか)るい。
昌→日光があきらかにかがやく。昌(さか)ん。

勝利の喜びを頒ち合う