四月二十九日 佐々木明美、新幹線で一路管内へ

 大したもんだぜ遼。坂崎にあたしら全員が目を瞑り続けた問題を提議・糾弾させ、謎解きをしながら成田のハラを鎮めた。気を楽にさせた。西園寺にゲロはさせたが、あれじゃ女にとっては殺人話に繋がった件だとは間違っても思えまい。懺悔も出来た。
 この話、鍵は全てウメコが握っている。田上のあの台詞を高三のあの時期に聞けばさぞ震撼しただろう、成田とウメコはまさしく丁度あの時その通りになったんだからな。こんな話は誰にも言えまい。いつ謎を解いたか知らないが、その期間が一日二日なわけはない。簡単? ハ、出たよ得意の大嘘が。あんなものを大学入試突入時から今の今までたった一人で抱えていたとはな。三人でゲロやった高三の時の遼のあの台詞、確かにどこかおかしいとは思っていた。
 ウメコはまるで自分に自信のないやつだ。三千弱を動かしたと初めから言えば、少しは自信に繋がったかもしれない。だがそれを公言するってことは、各種加害者も同時に表立たせることになる。あの時関わった生徒が在学中は騒動を徹底的に有耶無耶にするしかなかった。加害者に罪を問えるとしたらウメコだけだ。ウメコが全員を庇い、守り、糾弾しなかったからあの騒動は本当の事件にならずに済んだ。ほとぼりが完全に醒めた今だからこそ、やっとウメコの功績を言ってもいいようになったんだ。成田は全部分かっていた。誰よりウメコに表立ってワビるべきだと分かっていながらなおしなかった。ウメコは加害者全員を庇ったが、動けなかった大元の加害者はワビを入れないことで同立場の各種加害者全員を庇ったんだ。
 だが加害者を庇うなんて被害者に対する最大の侮辱だ。強姦事件もそうだが、だからウメコは成田を許さなかった。
 成田はこの時期おかしくなる。遼が今日ゲロ大会を開かなかったらどうなった? おそらくウメコは謝罪しろと成田に言った。事ここに至ってなおただワビ入れだけをしたら? ウメコはワビ入れしづらいやつだ。ゴメンなさい、そう言うだけじゃ、ウメコは決して相手を許さない。しかもそれを一人で抱え込む。それじゃケッコン生活なんざ続かない。あんな話し方じゃ西園寺の誤解は増すばかり、だからこそ言った。間違ってもあの二人に別れて欲しくない為に。あの二人が別れる要素と言ったらこれだけだ。それを斉藤父に衝かれての三年弱なんだからな。
 そして坂崎。ある程度なんてもんじゃない、田上=横島、これを除けば全部知っていたなありゃ。遼もそれを分かっていて、だから入学二日目までなんて中途半端にゲロ期間を区切らせたんだ。
 坂崎が関われば必ず一目置かれる存在、というのは別な学校だった高校時代で充分分かったさ。
 そんなレベルじゃなかった。
 坂崎も牙を持っている。だが、強大で尊大な牙を常に剥いていると誰にも見せつける成田とは全く異なる男だ。常は見せないが出し入れ自由、自分にも自分の女にもどんな他人にも平然と牙を剥く。それが自信の源、余裕に繋がっている。だから毎度のマイペース。
 牙を常に剥かないのは鋭過ぎるからだ。成田もそうだが、坂崎はそうやって、本当の意味で誰にでも出来る。成田の隙、それはウメコ。ウメコには牙を剥くことは出来なかった、あの件を除いて。坂崎は自分の女に牙を剥いてもすぐに対処した、完璧に。さらに余裕を持たせることすら出来た。おそらく自分自身にも。それが常、だから普段は見せない。無差別過ぎるからだ。
 遼もそうだが、やはり坂崎もあたしを牽制した。あんな言い様じゃあたしが警戒するって分かっているだろうに。佳い女、そう呼んだ。坂崎にとってあたしは今でも最低女な筈だ。それが一番話についていけなかったあたしに向かってそう言った。あたしにも余裕を持たせたのかね?
 まあいいさ、せいぜい坂崎が管内に来る時でもなけりゃ会うこたぁないだろうしゲロ懺悔なんざもう無い。というより、県内一になる為には?
 ゲロ懺悔するようなもん、事前にしなきゃいいのさ。してもさっさと自力で解決する。そうだろ? 豪華フルメンバーさん達。
 ウメコみたいにさ。