罪を犯したらどう償えばいいか
今でも解らない

答案用紙

 テストの結果が返って来た。ちらっと見ると、赤点。
 ……。
 どうしてなのかなあ……。

 授業はわりとまじめに聞いている。懇切丁寧、とまでは言わないまでも、先生はちゃんと教えてくれるし、その時間内は、今の話を理解したと思っていられる。
 そう思い上がって復習をしない。授業で教えてくれるからと予習もしない。だからだろうか。
 まじめに聞き、分かったふりをしていても、こうして試験となるといつも、どう答えたらいいか分からなくなる。当然かもしれないけど、いつも答案用紙に取りかかるとこう思ってしまう。どうして授業通りの設問にしてくれないのかと。
 今だから思える。きっとその答案用紙は、わたしにこう言っていたんだ。もう少し考えなさいと。教わった通りのことをしていればいい世の中なんて無いんだからと。授業というのは、社会へ出る為の予習なんだからと。
 頭のやわらかい内に、いっぱいいっぱい考える癖をつけなさいと。

 そう理解した頃にはもう学生ではなかった。
 そしてわたしも大人になって、学生へ言う。
「学校へちゃんと行きなさい」「ちゃんと先生の言うことを聞きなさい」
 けど、それ以上は言ってあげない。
 自分自身が考えて、答えを出すことだから。