昔むかしあるところに、ひとつぶの桜のたねが舞い降りました。

 貴女はなにを好きこのんだのか、頑屈でむきだしの、平野にひとり転がる私のなかへ、僅かな罅をつたい、入って来たのです。最初は気付きもしなかった。
 陽の光通らぬ私の中で、私をうつだけの雨も貴女には滴り、音なく降る牡丹の雪は貴女に届かず、風は貴女も、私もこの地に繋ぎとめた。

 なにも、なかったこの地は、幾星霜を経て、貴女と、私だけではなくなった。田舎ながら、この一帯だけは人通りも多い中心地となり、まるで私の中から生まれたかのように、すくすくとのびた貴女を、皆が観てくれるようになったのです。
 貴女は美しくお育ちになった。

 大輪の華咲くがごとく散り際勇ましく、たくさんのはなびらが舞い、私を覆う。ちいさなひと粒のたねは、ひとつぶであった貴女はいつの日にか私を、貴女は私を、見守るようにおおきくなった。
 貴女を仰ぎ観るたび、透けた肌から漏れる陽光はやわらかく、のどかな宵に月を彩る貴女に酔い、刺すほどつめたい雨風は貴女をとおして、共に項垂れたまま雪にうたれ凍え埋もれ、ただじっと陽のちからが戻るのを待ちつづけ、唯ひとつだけ願い、いつの日にか私は、まあるく、削られ、幾分小さくなりました。

 貴女のことばが嘘でなければいい。唯それだけを願ったのですよ。

 時を経て貴女が、ひとの手を借りなければ冬を、寒暖の差の激しいこの地をもう、過ごすことが難しくなったとしても。
 ひとひらが大輪の華のようには咲かずとも、血の気の通わぬおさなごのように、まっしろな花弁が、てんてんとのみ在り、もう防げぬ風雨が貴女をいため、年月はもはや貴女と、私とは、いてくれなくなったとしても。

 貴女は私の躯を砕き、心を抉ってあらわれた。ずっと一緒に居てくれる。そう誓ったじゃありませんか。
 なのに貴女は私を置いて、ひとり朽ちておしまいになる。

 たった一人でここにいろと、貴女はそう云うのですか。
 貴女を抱きながら、苔のむすまで生きたとしても。もう誰も、観てはくれなくなったとしても。