11

 麻衣の右手を取って、屹立する俺を握らせた。
「え?」
「これが○×△。言え」
「……」
 麻衣は呆然としている。当然だろう。
「政人の、○×△……」
「もっと強く握れ。このくらい」
 生理の時に、腹をさすると言った俺の手を導いてくれた時のように。今度は俺がリードする。
「上下に動かせ。そうだ。これを扱くという」
「……」
 おそらく、なにも考えられまい。これがどういう行為かも知るまい。
「俺を食え。麻衣」
「……」
「○×△を口に咥えろ」
 おずおずと、ゆっくり俺に近づく。奇麗にカールされた横髪がさらりと流れる。
 久々に咥えられた、しかも麻衣に。今までがなければ瞬間暴発しただろう。
「……っ」
 声を聞いて、俺を見上げる麻衣。
「お前に食われりゃ俺でも喘ぎ声のひとつくらい出る。驚くな」
「……」
「続けろ」
「……うん」
 いつもキスする時のように、麻衣の後頭部に手を添えて。導く。
「歯を立てるな。俺がいつもお前の体全てにしているような甘噛みもだめだ。くちびると舌でしゃぶれ」
「……」
「のどの奥まで、前後に。そうだ、手で扱くのも忘れるな」
「……」
 それは今までされたどのフェラよりも拙いものだった。
 俺は感じるということを知らなかったのか。いくということも、誘惑されるということも。
 恋はもちろん。今まで散々囁いた愛さえも。
 俺はなにも知らない、ただのバカな男だ。
 射精したい。たまらなく射精したい。抑えが効かない、昂る、ああこれが、されるということ。
 犯されるということ。初めて知った。
「麻衣」
 片手で自分の体を支える。そうでなければ俺こそが弓なり。
 なんのために体を鍛えていた。今までの、お前を見初める前の人生がなんの意味もなく思う。
「麻衣。麻衣。麻衣」
 体中が熱い、燃える、
 ああ、お前の中は気持ちがいい。
「これがフェラだ、フェラチオ、忘れるな」
 うん、と言うのが聞こえた。
 口が、あごが疲れて使い物にならなくなるまでさせて。
 だから、俺ももう……
「麻衣、精液、全部飲め」
 欲望を解放させる。射精すと、麻衣は予想通り激しく咽せた。
 じっと見つめる。なにをしても助けにはならない。どうあっても飲んでもらう、これからはこれがずっとなのだから。
 目に涙を溜めて。ゴホゴホ苦しそうにして。不味いだけのものを懸命に飲み込もうとする麻衣。
 慣れろ麻衣。
「どうだ」
「……分か、んない……」
 再び麻衣の頭に手を添えてキスをした。まだ息の整わぬ麻衣に。
 舐めとる。唾液も精液も全て。舌で麻衣を蹂躙する。
 されるがままの麻衣。分かっている、なぜ麻衣がまぐろのままか。向学心がないのは元からだとしても。
 俺がしたくてやりまくっているからだ。麻衣の反応を待てないから。だから常に麻衣は受け身で、元から経験もなく、返すなど考えられない。
 教えてやってもいい。だが俺と麻衣の筋力体力は比べる意味もない。どれだけ麻衣がどこに力を入れても俺にとってはまぐろと同意義。だからだ。
 音を立てて舌を離す。そのまま押し倒して。
 ほっそりとした太ももを割り開けて。麻衣のいやらしい穴に指を添える。
「これがお前の△×○。言え」
「……これが、私……の」
「麻衣だ」
「……麻衣の、△×○……」
「中が膣。奥が子宮、いつも俺が壊しているもの」
「……」
「この体位が正常位。体位の意味は分かるか」
「……分か、んない……」
 教えてやった。一ヶ月以上やりまくってもまだまだやっていない体位があることも。
 後ろの穴にも手を添える。
「……え!?」
「セックスには、この穴も使う」
「……いや!」
「なんでも言え。なんでもする。そう言ったな。忘れたか」
 すると麻衣の愛しい瞳から涙が伝った。
 それはそうだろう。これは本来排泄の為の穴、挿れられるためにじゃない。
「いやぁ!」
 脚を閉じ、俺のそばから離れようとする麻衣。逃がさん。
 俺に言わせれば、四つん這いになるから尻を犯せと言っているようなもの。望み通りしてやった。細い腰をがっしり掴んで。
 これから突然犯されると、麻衣も分かったらしい。
「いや! 離して、政人!!」
 聞かず、愛液を尻の穴にたっぷり塗って。
「あ……!」
「聞け麻衣。お前は今村の女だ。
 今村の女は、惚れた今村の男に犯られるためにだけ存在する。
 忘れるな」
「……!」
「家事などするな。ただ俺に愛されていろ」
 尻に突き挿れる。
「……あ……!」
 この為だけに、俺は幾人もの女を抱いて来たのだろう。痛がらせないことにかけては人後に落ちん。
「……ん……」
 たとえこの技にだけ溺れているのだとしても。
 それでもいい。
「あ……ン」
 もう、感じて来ている。奥まで。
「あン! あン! あン!」
「麻衣。△×○が寂しいな」
「あ……! ン、ア!」
「分かった。挿れてやる」
 望み通り指を。クリも当然弄って。
「あー! あーーーッ!!」
「どうだ」
「い……ィ!」
「全部抜くと言ったら?」
「いや!!」
「だったら抜くなと言え」
「抜かないでぇ!!」
「なにをだ」
「……そんな!」
「言え」
「……まさ、と、の……○×△、も、ゆび、も……! 抜かないで、ずっと挿れてて、麻衣は、麻衣はぁ……ッ!!」
 それからずっと突き続けた。
 果てた麻衣の尻を処置し、ベッドを出た。よく洗わなくてはならない。誰が病気になどなるものか。
 ゆっくり戻ると、麻衣の意識も戻って来たようだ。
 俺と一緒にいる時、目を覚ました時は必ずそばにいるようにしている。独り取り残された、そんな感情、芽生えてなど欲しくない。
 ベッドに潜り込み、麻衣を前に抱いて。
「ん……」
 顔だけこっちを向かせ、いつものキスを。
 舌を離すと、途端に麻衣は向こうを向く。
「なんだ」
「……」
「なんだ、と言っている」
「……私」
「麻衣だ」
「……麻衣、は」
「なんだ」
「……すき、政人が、すき……」
 拙い魔法で欲情して、シックスナインも教えた。誕生日は、全部お初な体位で締めくくった。
 翌十月十七日、麻衣の誕生日。花がすきという麻衣のために、侘助の店内をすっからかんにして贈った。よって俺達の家の中は現在、花のにおいで充たされている。
 わずか一日違い。欲を言えば同じ誕生日でありたかった。だが出逢いそのものが偶然と奇跡の産物、これ以上は望むまい。
 そう想っていたのに、拙くプレゼントをねだられた。繋がりながら。
「あの宝石店に連れて行って。麻衣、他のアクセサリーも欲しい。あとあの、久しぶりに外でお食事したい……」
 あんな二人とだけではなく、主任とも交遊させよう。ずっと協力してもらった彼女に、さて、どう感謝の意を示したらいいものやら……
 もうすぐ十一月になろうとする頃。麻衣子はいつものごとく唐突に、お出かけ先を思いついた。
 本屋に行きたい。
 麻衣子はおばかでおこさまなので、要するに漫画が好きなのである。金がなくて単行本を揃えられなかったが、週刊誌・月刊誌はよく読んでいた。置く場所がなくて読みおえたら捨てていただけ。だから、引っ越しの際荷物を確認した政人は今でも麻衣子の漫画好きを知らない。
 家事をするなと言われた。ネットでニュースを見ると言っても何時間もするものではない。音楽番組も以下同文。時間が余っている。
 他人に言わせれば、なんと羨ましいと思うだろう。
 どう言おうかな。あの政人に漫画なんて合わないし。それが、妻は漫画好きでーす、なんて……
 でも、漫画があれば時間もつぶせるし。
 今でも、正直自分の都合で出掛けるのに政人を巻き込みたくない。
 あなたの夫のために、言いたいことを全て言いなさい。
 勇気を持って。
 麻衣子は電話した。
「あの……」
「まあ、どうしたの? 今村夫人」
 確か主任は四十五歳前後。落ち着いた、経験豊富な頼れるよき上司だ。
「あの……」
「言いなさい。なんでも」
「あの……麻衣は……」
「まあ。可愛らしいのね」
「あ! えっと、わ」
「いいのよそれで。ずっとそれでいなさい」
「……はい」
「それで? あなたは?」
「あの……」
 麻衣子はしどろもどろになりながら答えた。漫画を読みたいが夫はああで、とてもこの家に置けそうにない。これを言ってもいいものだろうか。
「いいに決まっているでしょう? 家事をするなと言うのなら、時間が空くのだから。あなたの夫も、あなたが今退屈していはしないか、きっと心配しているわ?」
「そう……でしょうか……」
「参考までに聞くけれど。あなたの普段はどうなのかしら? 一人でいる時は」
「えっと……起きて、政人が作ってくれたごはんを食べて、ぼーっとして……ネットで遊んでテレビを見て……そのくらい、なんです……」
「だったら新しい刺激が必要ね。すぐに言いなさい」
 口で言うのは苦手なので、メールすることにした。とは言っても文章にするのが得意なわけでもなく。
“本屋に行って漫画とか買いたいです”
 実に芸のない文面である。政人に言わせりゃ拙過ぎるってなもんよ。
 返事はこうである。
“分かった。土曜、昼飯を食ったら一緒に”
 麻衣子は、はぁーと深いため息をついた。今の時代、本一冊から自宅に届けてくれるサービスがあるくらい知っている。それでもいいのだが、なにも知らない政人の家に漫画を置くというのもどうかと思う。
 この家には、実は本の類いが一切ないのだ。新聞すらない。だから麻衣子はいつもニュースをネットで見ている。
 麻衣子は会社で政人の仕事を見た時、モニターが四台も並んだのを見ている。多分あれが本来の仕事姿、この家にある一台だけではフルに仕事をしないだろう。というより、稼働状態でここに置いているのだから、政人が使うというより麻衣子に使えと言っているのだと思う。
 約束通り土曜午後二時。今村夫婦は都内のでかい本屋に到着した。
 今までのこぢんまりとした店とは違う広さ。それはそうだ、本屋は品揃えの多さが勝負。それに、麻衣子とて、欲しい本が例えば最終巻だけないなんて悲し過ぎる。
 麻衣子は欲しい漫画のタイトルをあまり覚えていないので、じっくり棚を見て回る必要がある。どこになにがあるか分からない、だからいつものように、抱き上げられて店内を歩く訳にはいかない。
「ま、政人。あの、麻衣ちょっと見て回るから」
「分かった。一緒に」
 ……こんな子供くさい趣味があると知られるのはいやだなあ……
 とは思うがしょうがない。全然この場に合わない極上色男を背に、麻衣子は漫画本を漁って行った。政人は後ろでかごを持って麻衣子を見ていた。
 そうか、漫画か。いい手だと思う。麻衣子をたとえ近所でも、警備付きでもふらふら外に出したくないし、かといって家の中にずっといるなど暇だろう。いい時間潰しだ。この書店内の漫画を全部買ってやるか。
 政人達のマンションは五階建てであるが、住人は政人と麻衣子だけ。政人は一人しか子供を作らないつもりだし、だから家族三人が住むなら最上階の今の家で間に合う。下の階は、誰か友人知人に都合が出来たらタダで貸してやろうと思っていた。そこを、物置にするのもいい。
 麻衣子は遠慮なく気に入った本を買って行った。結局、かご一つではとても足りないくらいの量を麻衣子は買った。政人に時間を取らせたくないので、書店に来るのは一度きりと思ってのことだ。
 家に帰る車中にて。
「麻衣。ネットで遊んでいると言ったな。他に欲しい本があれば、ネットで注文していい」
「そう?」
 よかった、渡りに船とはこのこと。政人から言ってくれるなんて。
「そうだ。あとは」
「あとは?」
「後ろの本をさぞ読みたいだろうが、月曜にしろ」
「……うん」
 だって、麻衣も。
 そう、俺も。
 家に帰ったら、玄関で、もう……
 結婚式まであと三週間という頃になった、とある平日の夜。政人は麻衣子に飯を食わせながらこう言った。
「麻衣。今度の土曜、昼飯を食ったら一緒に、俺の両親に会え」
「え」
 まったくおばかな麻衣子。ここで、やーっとまともな事実を思いつく。そう、結婚するなら、両親が健在なら許しを得に行くものだ。それはなにも、自分の両親にだけじゃない。
「……わ!」
「麻衣だ」
「ま、……麻衣、全然気付かなかった! ……ごめんなさい!!」
「俺がわざと言わなかった。もし麻衣が気付いても、会わせるのは後にした」
「? ……どうして?」
「お前ももう、分かったろうが」
 そういえば、政人って嫌いな食べ物あるのかな。なんでも作れるみたいだけど……
「今村の男女は、特殊だ」
「……」
「勤め人としてはまだ早いのに、親父はさっさと引退している。それで、今現在あの二人がなにをやっているかというと」
「いうと?」
「寝る間も惜しんで最中だ」
「……」
「単に血の繋がったというだけの息子が嫁を連れて来たところで中断などせん。散々喘いでいるところを会わせる。もっとも、お前に俺以外の○×△を見せる気はない、衝立程度は置いておく。
 お前は今村麻衣子です、どうぞよろしくとだけ言え。どうせ向こうは下らん下衆勘その他を言って来るだろうが気にするな」
 政人の気にするなって、口癖かなあ……
「俺の実家は成城にある。お前の感覚から行けば、とてつもなくでかい日本家屋だ。逢ったその日に連れて行ったら、吐くどころじゃない位の」
「……」
「何故俺がマンション暮らしをしているのかというと、平屋暮らしに飽きたからだ。いつまでも大の男が自分の金で建てたんじゃない家に住むのもなんだなと思っていた。
 ここを買ったのは麻衣を見初めた翌日だ。当時はまだ、恋をしたと自覚はなかったが、知人がいい物件があると言って来た。麻衣と一緒に暮らしたいとぼんやり考えた。
 俺の両親はそのうちくたばる。となると、俺達は成城に戻ることになる。あの家なら塀に囲まれた広い庭がある。散歩しろ」
「……あの」
「なんだ」
「……ううん、お話続けて」
「ペットは好きか」
「えっと……」
「犬でも猫でもなんでも飼え」
「あの……飼ったことないから、分かんない……」
「そうか。考えておけ」
「うん……」
「土曜は極上の和服を着せる。いいな」
「うん……」
 そして土曜。麻衣子は昼食後、政人に言われた通りの和服を着せてもらった。もちろん留袖。
「政人、着付け出来るの?」
「実家ではいつも和服だった」
「ふうん……」
「きついと思ったら言え」
「うん」
 それはそれは高いだろうが、なにせ住み慣れた家で着せてもらっているので、値段がいくらかなど分からない。
 色は淡い桃色。政人が、これが麻衣子と思っている色。
 駐車場に行くと、見慣れない、かなり大きな黒塗りの車が停まっていた。政人はそれに向かってすたすた歩く。
「政人?」
「今日はあれに乗る」
 知らない初老の男性が、後部座席のドアを開ける。乗れと言っているかのように。政人は麻衣子を横抱きにして座らせた。
 思わず車内を見る麻衣子。運転手が見えないし、それにとても広い。
「こ、こんな車もあるの?」
「帰りにカーセックスする」
「……」
 逢った時にこう言われたら。
 麻衣子はとっくに……
 政人は行きの車中、わざといつものキスをするだけに留めた。麻衣子がとても足りないと思っている、もう濡れていると知ってもなお。いつもの愛撫すらせず。
 そこにはもう、ひとつがいの、今村の男女がいた。
 成城の実家に着く。政人はこれでも遠慮して、でかいだけが自慢の正門を麻衣子にはくぐらせなかった。まだ、今でもまだ早い。
 麻衣子は意識を持たせてもらっただけの、いきまくりの状態だったので、とても一人で歩けはしない。政人に抱き上げてもらっていつものように、耳元で愛を囁いた。
 平屋暮らしなど、そんな表現ではとても済まない巨大邸宅の、歩き慣れた長い長い廊下を政人は行く。
 もう、喘ぎ声は聞こえていた。
「あぁん! あぁん! あぁァん!」
 肉と骨をぶつけ合ういやらしい音。いつものことだ。
 麻衣子が煽られて、政人の真似をして舌を耳に差し挿れて来る。
 何十畳あるか分からない一室の、障子の戸を政人はすっと開けた。
「失礼します」
「最中か」
 政人によく似た声だった。
「違います」
「早く犯れ」
 政人の言った通り、部屋と呼ぶにはあまりに広い畳敷きのその一室のなかには、衝立が置かれていた。今村の男女が向こうにいる。体中で派手な音を立てながら。
「お久しぶりです、政人です。麻衣、挨拶を」
 政人が麻衣子を正座させる。麻衣子は緊張しながら、でも体中を疼かせながら、必死に手をついた。
「は、初めまして、今村麻衣子です。どうかよろしくお願いします」
 せいいっぱい頭を下げると、しとやかな声が聞こえて来た。もっとも、散々喘いでいるさなか、にだが。
「初めまして……私の娘さん……政人、顔も見せないとはどういうこと?」
「俺が見ていればいいだけのことです。あんたは親父に繋がれていりゃいい」
「もう……将、なんとか言ってやって?」
 今村の女は散々喘ぎながらなんとか言葉を紡ぎ出す。
「その前にみゆき、自己紹介だ。私は今村将」
「そうね、初めまして……私は今村みゆきよ……」
 四人の今村が顔を揃える。これが今村家の人々。間断なく、愛液で濡れながら。
「私の娘さん……まさか、政人に繋がれる以外……してはいないでしょうね?」
 麻衣子は、思わずえ、と言いそうになった。
「だめよ……今村の女は、惚れた今村の男に犯される以外、なにもしてはならないのよ……」
「させていません」
「そう、ならいいわ……」
「政人。孫はいつだ」
「海外転勤の時に」
「名は」
「今村竜也」
 麻衣子はかなりびっくりした。いきなり未来の、かなりあやふやであるはずの話がまるで確定事項のように言われている。
「ところであんた方はいつくたばりますか」
 すると今村の女はくすくすと笑った。
「いいでしょう、ここを出て行かなくたって……母屋で犯りなさい?」
「麻衣の喘ぎ声は誰にも聞かせません」
「そんなことを言って、竜也達がお前に挨拶に来た時はどうするんだ? 抜くのか?」
 もはや麻衣子には理解不能再び。
「ああ、なるほど」
 頷かないで欲しい……
「馬鹿者、さっさと犯れ」
「帰りの車中で。失礼します」
 政人ははてなマークを浮かべまくるおばかな妻を抱え上げ、さっさとその場を辞した。
 車中にて。
「麻衣。待たせた」
 政人が自分の帯を緩める。それから、座らせた麻衣子の裾をめくって広げる。
「政人……」
「いつもしているが」
「……ァ」
「これがクンニだ。覚えておけ」
「……ン……」
 脚を大きく広げられながら。麻衣子は、自分の股間を舐めしゃぶる、だいすきな夫に、すきと言う以外自分の気持ちをどう伝えたらいいか、やっぱりまるで分からなかった。
 政人に、疲れただろうから結婚式の前に、温泉旅館に行って休もうと言われた。
 疲れているのは政人の方なのに……
 温泉とは全く気付かなかった。思えば自分のわがままばかり言って。政人にさっぱり合わないところにばかり連れて行って。
 確かに家事はしなくていいと言われた。でも、それ以外でも専業主婦のやりようなんていくらでもあるのに。
 麻衣子は激しく落ち込んだ。そして、そんな自分を知られたくなかった。
 いつまで続くんだろうな……
 どれだけ愛されても、不安なことに変わりはない。
 分かっている、自分は欠点だらけ。これでは、いくら愛を囁かれても、そばにいてもいいという自信には繋がらない。
 お散歩したくて、ふらりと家を出た。そのつもりだったのに、門の外に出たらあのでかい車が停まり、あの初老の男性が静かに後部座席を開けた。まさか政人が乗っているのではあるまいな。一瞬そう考えたが、車中には誰もいなかった。
 車が、信号ではないところで停まる。ここで降りろということだろう、気がつくと初老の男性がドアを開けていた。降りるとそこは、
「喫茶井上……」
 麻衣子は店に入った。
「らっしゃい」
 あのマスターだ。
「こんにちは」
 麻衣子は、今日は誰とも会う約束をしているわけでもなかったので、珍しくカウンターに座ってみることにした。なんとなくお話したかった。政人を自分よりも前から知っているという、マスターと。
 マスターは喫茶店が家業で、生まれた時から接客業。客が自分に話し掛けたいのだということは見れば分かる。
 なにせ麻衣子は友人の聖域なので、親しく話してはやきもちを妬かれる。それはしたくなかったが、目の前の客はどう見ても世慣れず、自分と話すことがひょっとしたら浮気と疑われるかもしれない、ということなど、なに一つ思い当たらないように見えた。
「あの」
 やっぱりというか、客は自分に話し掛けて来た。
「……へい」
「あの、今村麻衣子っていいます。今村政人の妻です」
 知ってやす。
「前に政人から、政人のお友達だって聞きました」
 なんつーストレートな。
「……その通り」
「政人、どんな人だったんですか」
 そりゃあもう……
 マスター。政人。政人のいう悪友。この三人は大学からの友人である。乱パ繋がりの。
 だがまさか、それをその通り話すわけにはいかない。
「亭主に訊いてくれ」
「そうですか……」
 客は、自分と話したくないからそんなふうに言ったのだ、と受け取ったようだった。さすがに、そう思われては困る。
「……お客さん、さ」
「はい」
「いつもココアだが……なんか理由あんのか」
「あります」
「へえ……なんだよ」
 麻衣子は言った。紅茶は政人が淹れてくれるものだけ飲みたい。コーヒーは胃に悪い。だからそれ以外を飲むのだと。
「勘弁してくれ、胃に悪いもん出しているなんて思われちゃ、飲み食い屋は商売上がったりだ」
「あ、……そうか」
「飲んでみな、悪くないぜ。おごったる」
「いいんですか?」
 だからあなたの店は万年赤字なのですよ。
「うん、っつーかまあ……」
 ヨケーなこととは分かっている。それでも。
「あんた……痩せたな」
「え?」
 麻衣子は都合三杯飲んで腹一杯になって帰ると、自宅でさっそく体重計を探すことにした。脱衣場にあるだろう。
 割とすぐに見つけた後、引っ張って来て、乗ってみる。だが。
「あれ?」
 その体重計は壊れていた。
「へんなの」
 さっそく麻衣子は電話することにした。
「もしもし、今村です」
「まあ、中川さん! お久しぶり、元気?」
「元気ですけど今村です」
「はいはい。で、今度はなに? いつ離婚するの?」
「しません! あの、体重計貸して欲しいんです」
「は? 体重計?」
「はい。家にあるの、壊れているんです」
「ふぅん……」
 上條は迂闊なことに、それ以上を踏み込んで考えなかった。愚かである、ヒントはいくらでも転がっていたというのに。
 相変わらず麻衣子は勤務時間もへったくれも考慮せず掛けているので、現在は日中。
「今日のあなたの亭主の予定は?」
「明日にしか帰って来ないそうです」
「じゃあ、今日の夜七時に会いましょう。一緒に夕ご飯どう?」
「あの、政人がご飯つくってくれてるんです。麻衣、体重計さえ借りられればいいですから」
 こりゃまた。
 愛人疑惑を掛けられていなくとも、この会社の人間ならば誰もが知っている。政人がどれだけ激務かを。
 調理師免許を持っていると聞いたし、この分じゃ三食全部つくっているな? そんな時間なんかどこにあるっていうのよ。
 麻衣、ね。いい傾向だわ、たっぷり甘えているみたい。
 差があって、萎縮していた麻衣子。こりゃ安心して披露宴に行けそうね。問題は、あたしがそこに出たって知られるとまた面倒になるってことだけど。この分じゃすごく奇麗になっているだろうな、会ってみたい。
 麻衣子から、喫茶井上になら一人で行ってもいいと言われていると聞いた時、やっぱり対処しているのね、よかったと思った。
 そう考えた自分を、すぐに後悔し、すぐに呪うことを上條はまだ知らない。