1

 中川麻衣子は英語も出来ないのに、なぜか上場一部の大会社に入社した。間違いなくギリギリの成績で。
 地元の大学を卒業後、なぜか東京本社勤務となり。ために都心へ出て一人暮らし。当然のごとく六畳一間、バストイレ一体型。会社からは遠い。
 仕事は覚えることが多く、入社一日目にして社会人になったことを後悔した。毎日、いつも、金曜午後五時になることだけを祈っていた。
 こんな麻衣子に回って来る仕事といったら単純作業だけ。それでも麻衣子にとっては許容範囲を超えていた。ストレスをまともに受け、これから出社かと思いながらの朝食は少しでも食べると吐き、会社をあとにすると快方に向かい食べられる。その繰り返しだった。
 二十歳を過ぎると時間があっという間に過ぎ去るというが、麻衣子にとって平日とはなんと時間の歩みの遅いことか。早く昼食休みにしたいのに、時計を見たら朝九時半なんてザラだった。
 入社すぐに当たった上司が最悪だった。ネチネチした男で、ドジでよく間違う麻衣子をくどくど説教した。上司の目を気にし、びくびくおどおどしながら電話に出た。言葉遣いがなっていないと、電話中でも指摘された。プレッシャー以外のなにものでもなかった。
 それでも時間は経つ。よく半年、この会社にいたものだな。それが麻衣子の、偽らざる心境だった。
 ありがたいことに、ネチネチ上司は最初の三週間ほどで異動になり、よく出来るお局様風味な女性が代わって麻衣子の上司になった。細かいことは言わず、大局でものを見る人だった。麻衣子はこの上司に当たったことを心から感謝した。だから半年も勤められた。だが、体重は減った。
 暑さも和らぐはずの九月、第一週も今日まで。やっと金曜日が来た。昼飯をなんとか流し込み、あとは四時間耐えるだけ。そうしたら、もうなにもしなくて済む。それまで頑張ろう。
 でも私、もういっぱいいっぱい。こんなに頑張っているのに、これ以上どう頑張ったらいいんだろう。
 午後三時になって、お茶を配る。もう一息、あと二時間。とてつもなく長い時間。
「君、これB4だよ? A4って言ったのに! コピー取りすら出来ないの!?」
 突然声をかけられて麻衣子が振り向くと、そこにはさっきコピー取りを頼んだ先輩男性の姿が。
「す、すみません!」
 目一杯頭を下げて、もう一度やり直そうとする。しかし先輩は、もったいない、紙がいくらするのか、会社の経費をどう思っているのか、地球環境をどう思っているのか、そもそも君は間違いが多い、大体英語も出来ずなぜここにいる、などと言い出した。なにも言い返せない麻衣子。
 うなだれ、叱られるままでいると、突然肩を掴まれた。
「え」
 そちらを見ると、すぐに手は離された。男性だった。背が高く、とてもスーツが似合っていると、一瞬でも思えた。その男性は、
「主任、借りるぞ。定時に戻す、すぐに直帰させろ」
 麻衣子が尊敬する上司にこんなことを言った。声がとてもよく響いた。
 だが、どう見てもこの男性は上司より歳が若い。なのにこんな言葉遣い。
「中川さん、彼に付いて行きなさい。そこの君、私を差し置いて私の部下に説教とはいい度胸ね。こっちに来なさい」
 尊敬する上司は先輩を引っ張って行った。
「さ、中川さん。早く行って」
 フロア中の皆もあっけにとられる一幕であった。
 そんな訳で、麻衣子は今、ふかふかの絨毯が敷かれた一室に、さっきの肩を掴まれた男性と共にいる。
 麻衣子の会社はビルまるまる一つを所有する。だが麻衣子のようなペーペーが、職場以外の、上階のこんな広い部屋に自分の意志で来る訳がなかった。
 男性は部屋の主であろう。中央に大きな机、肘掛け背もたれ付き本革張りのどっしりした椅子。机上に並ぶパソコンのモニターは四台ある。室内の豪勢さはまるで社長室のよう。そこに座って、黙々と仕事をしている。その机の対面に、ぽつんと椅子を置かれ、座れと言われた。
 なにをすればいいんでしょう。
 単純にして当然の質問を、麻衣子は出来なかった。緊張、ストレス、プレッシャー。毎日麻衣子を襲っていたものは、この時最高潮に達していた。口など利けようはずもなかった。
 代わりにやったことは、目の前の、多分主任よりかなり上の肩書きを持つであろう彼を、ただ見ること。
 じっと見られたら自分ならいやだ。だが、さっきからそうしているのに彼は一向に気にしない。そんなことより、この仕事に対する集中力。素晴らしかった。ただ見ていた。
 歳のころはいくつだろう。間違いなく年上だが、三十前後か。こんな部屋にいて。そう歳がいっているふうでもないのに。さっきの言葉遣い。
 髪はきれいに撫で付けられていて、威厳を感じる。とても話しかけることなど出来ない。パソコンのモニターを見ていて、それで遮られてあまり見えないが、とてもハンサムだということは分かった。
 私になんの用だろう。
 さっきの話は耳に入った筈だ。出来損ないのろくでなし。会社のくず。いつ首になるか分からない。元々細かったが、さらに痩せてガリガリ。こんな豪勢な部屋には相応しくない、全く。
「来い」
 突然言われた。思わずはいっと返事をして、まるで中学に入学したての、つい先頃までの小学生のように立ち上がった。
 よく、こんな歩きづらい絨毯の上をこけずに歩いたものだ。後から自分をほめた。とにかく机に近づいた。
 書類をすっと差し出され、
「コピー二部」
 ただ怖かった。また取り損ねたら。恐ろしくて、もう感情では動かなかった。なにかが自分を動かした。書類を受け取る。さっき、部屋に入るときチラと見た、部屋の隅のコピー機。あれに向かって歩け。
 いつも使っているコピー機と全然違う、多機能過ぎる。泣きそうになる。それでも取った。手順など覚えていない。同じサイズで。同じサイズで。
 ちゃんと確認をすると、偶然で上手く出来たようなので、すぐに持って行った。とても走れなかった。
「座れ」
 よかったらしい。怒られなかった。ほっとして、椅子に戻った。心臓が忙しかった。のどから出そうだった。
 それからしばらく、お呼びはなかった。だからさっきのことを反芻する。
 よく出来た。とても偉い、私。
 ここには掛け時計がない。さっきで三時過ぎ。あと二時間の辛抱。
 この人の前で腕時計を見るなんてことは出来なかった。後はもう、次の言葉を待つのみ。帰りたかった。
 緊張で体が固まって行く。それでも、また言われたらすぐ立ち上がらなければ。心臓がとくとく鳴り続けた。
「来い」
 お呼びだ。体の筋肉を総動員して近づいた。
「この表の数字が合っているか検算しろ」
 電卓と、さっきとは違う書類を寄越された。簡単な表だった。自分で出来る筈なのに。
 だが、とにかく電卓に指を這わせた。間違わないことだけを祈った。
「座れ」
 よかったらしい。ほっとして、椅子に戻った。
 後はもう、五時まで呼ばれなかった。長い、長い時間だった。
「五時だ」
 その言葉は、麻衣子にとって他のどんなそれより福音だった。
「来い」
 ま、まだなにかあるの?
 立ち上がって机のそばまで行くと、彼は胸元からなにかをスっと出した。名刺?
 訳も分からず受け取ると、
「携帯の番号を」
 え? え?
 麻衣子は混乱のさなか、こんなことを言ってしまった。
「あ、あの、今持って、なくて」
「番号を口答で」
 あ、そうか。持っていなくても口で伝えれば済むことか。
「えっと、080の」
「上司の元に戻れ。後は指示に従え」
 この部屋を出ろということだろう。どんなに嬉しかったことか。はい、失礼しますという当たり前の言葉も言わず、麻衣子はけつまづかずになんとかその部屋を出た。
 フロアの扉を開けると、わっと人が寄って来た。
「ちょっと! どうやって今村課長と知り合ったのよ!!」
 女子社員が圧倒的だった。かいつまめば彼女たちが言いたかったことは、そういうことらしい。
 しかし、麻衣子の表情は青ざめていた。
 女子社員たちは、麻衣子がいかにも嬉しそうに帰って来るだろう思っていた。だが、どうも様子がおかしい。
「はいはい、私が先よ?」
 女子社員たちと麻衣子の間に割って入ったのは、上司の主任。
「どうだった? 今村課長は」
 どう?
「あ、あの、さっきの人……今村課長っていうんですか?」
 すると周囲はなんて的外れな言いようだ、と思い、口々にそれを言った。
「知らないの!?」
「課長だよ!?」
「うちの会社、課長なんて四十歳過ぎないとなれないって言われているのに!」
「でもやっている仕事、部長以上のことだって!」
「その上すっごいハンサムで!」
「フェロモンぷんぷん!」
「声までセクシーで!」
「もう、美貌の貴公子よね!」
 麻衣子はそんなこと、いきなり言われたって分からない。
「でも、女の人の」
 続きの言葉は主任が遮った。
「その様子じゃ、中川さん。彼を全く知らない?」
「ぜ、全然知りません」
「だそうよ。皆、分かった?」
 主任が後ろを振り返って言うが、まだ彼女たちは納得しない。
「また行きたいでしょ?」
 誰が聞いてもいじわるな質問だった。麻衣子はすぐに首を横に振った。
「も、もういやです。絶対、行きたくありません。怖かった」
 彼女たちは、どう怖かったのか言えと言った。そのまま、ありのままを答えた。
「怖くて。恐怖の大王です。もう行きたくありません。今度なんてないと思うけど、その時はお願いだから誰か代わってください」
 真っ青な顔で下を向き、がたがた震える麻衣子に、周囲は、これは色恋沙汰はなしだと判断した。
「さ、皆も。中川さんも。もう帰った帰った。定時よ。それとも、私に付き合ってサービス残業をする?」
 主任の言葉にフロアの社員は、全員その場を立ち去った。
 ロッカーにて。
 麻衣子は怯えていた。誰が見てもそうだった。女子社員たちはもっと麻衣子にいじわるな攻撃をしたかったのに、麻衣子は流しに駆け寄って、胃液を吐いた。
「ちょ、ちょっと……中川さん!?」
 こんな人間に嫉妬するほど彼女たちも子供ではない。元々線が細く、頼りない麻衣子。これは今村課長のプレッシャーとは相当だったんだなと思えた。
「だ、大丈夫。です」
「大丈夫じゃないでしょう? あのね、もし今度があったら代わってあげるから! ……いじわる言ってごめんなさい。本当にいやだったのね……」
 それにこくんと頷き、女子社員たち全員に病院に寄るようすすめられた後、麻衣子は会社をあとにした。
 ぴりぴりと電子音が鳴る。携帯だ。実家の父母?
「はい、麻衣子です」
「今村だ」
 はて。誰?
 そういえば。待ち受け画面、名前が出なかった。番号のみ。
 私、迷惑電話に出た?
「待て、切るな。さっき逢った今村だ」
 さっきあったいまむら。
 いまむら。
 ……課長だ!
「あ、えっと、はい課長!」
「今どこにいる」
「は、はい。会社を出ました」
「さっきの部屋に戻れ」
 返事をしたくても、すぐに電話は切れた。なんて抑揚のない、でもよく響く声。
 さっきなにか、間違い、した?
 つい先ほどまでと同じように、感情ではなく、言葉通りに、麻衣子はさっきの部屋に戻った。五時を過ぎたのに。会社になんか、もう永久に行きたくないのに。
 戻ると、部屋の主は言葉短く言った。
「座れ。あと二時間待て」
 麻衣子はよく泣かなかったものだ。
「夕飯の支度は」
 首を横に振るだけにしたかったが、それでは子供だ。これでも社会人、全ての力を総動員して声を出した。
「まだです」
「一緒に夕飯を」
 食べよう、ってこと?
 でも、そんなのどこにも入らない。
 いつもなら、夕ご飯だけは食べられた。というより、それが主食だ。実質一日一食。唯一の楽しみ、それも金曜夜の。
 食事など、もう私には永久に。
 暗黒の二時間は、どう過ぎたか覚えていない。
「待たせた」
 今村が立ち上がった。仕事はおわりらしい。
「腹が減っているな。なにか嫌いなものは」
 そう言って、麻衣子のもとに近寄り、脇の下に手をやり、麻衣子を立たせた。
 麻衣子の返事がないと見るや、
「退屈か。済まん」
 顔を近づけて来た。まさにドアップ。
 今村は麻衣子の返事を待っているようだった。だが麻衣子はもうとっくの昔に許容範囲外で、時間外でもあるし、言葉は出なかった。顔面蒼白な麻衣子を今村はどう思ったか。
 歩かせるため、麻衣子の腕を取り、自分にからめるようにして部屋の電気を消して出た。麻衣子はまったく知らなかったが、取締役専用のエレベーターでビル地下一階へ。許された者はごくわずかの、自家用駐車場へ。
 麻衣子の心はもう凍っていたから、いま自分がなにをされているのか全く分からなかった。
 今村は自分の車の右ドアを開けると、麻衣子を横抱きして座らせた。ドアを閉め、左ドアに歩いて開け、座り、麻衣子にシートベルトをした。自分も締めて、車を発進させる。自宅へ。
 今村のマンションに着くと、彼は動かぬ麻衣子を恭しく、優しく車外へ出し、横抱きして部屋へ連れて行った。
 玄関の扉を開け、靴を脱がせ、自分もそうして、麻衣子を居間のソファへ座らせる。紅茶を淹れた。
「飲め」
 ティーカップをテーブルに置き、今村はすたすたとキッチンへ向かう。
 いいにおいにつられ、麻衣子は感情抜きにカップを上げ、傾けた。水分なら入ると思ったからだ。温かいし、胃に悪いコーヒーでもない。
 たまらなく美味しかった。やっと人心地ついた。それで、喋ってみる気になった。無視、されるだろうか。
「あの」
 背に向かって。
「なんだ」
 答えは返って来た。
「ここ、どこですか?」
「俺の家だ」
「ごはんというのは……」
「俺がつくる」
 全く意外だった。てっきりどこかの、すごく高そうな店に連れられて、外国語が飛び交う中メニューを注文されて、無知な自分は恥をかくだけと思っていたのに。
「あ。ありがとうございます」
 なぜか感謝する麻衣子。
「嫌いなものは」
 ああそうか。それでさっき訊かれたんだ。
「えっと」
 麻衣子は思いつく限り言った。
「分かった。出来るまで、テレビでも観るか。風呂に入るか」
 今なにか、聞くべからざる単語を聞いたような。
「あ、あの」
 すると今村はキッチンから出て来て、別室に向かった。ちっとも説明のない男である。
「着替え。タオル」
 戻って来た今村に渡されたものは、ふかふかの大小タオル二枚づつ。着替えとはいっても、たった一枚の服。麻衣子には全く理解不能。
「あ、あの。ご、ごはんを食べたら私、すぐおいとま……」
「帰さん」
 なんですって?
「風呂に入れ。家の中のものはなにを使ってもいいし、なにをしてもいい」
 理解不能のまま固まっていると、横抱きに抱え上げられた。
「きゃあ!」
「さっきからだ」
 しかし麻衣子は意識を持ってこんなことをされたのは初めてだ。
「俺の首に腕を回せ」
 出来ません。
「でないと落ちる」
 それは困る。
「いいから回せ」
 顔から火が出たまま、言う通りにした。顔が近づく近づく。麻衣子はほとほと困った。
 バスルームの前でおろされ、タオルと着替えを押し付けられた。麻衣子を中に入れ、扉を閉めた今村は、すぐにすたすたとキッチンへ戻って行った。
 見渡すと、脱衣場のようだった。広い。壁面に大きな鏡。レトロな洗面ボウル。藤で編み上げられた背もたれなしの椅子、かご。そこで服を脱ぐ。
 奥の扉が風呂場らしい。入ってみるとこれまた広かった。知らなかったが、床は滑り止め、暖房付き。お湯は既に張られていた。麻衣子は初任給で、お金がなく、入社してこのかたお湯なんか張れなかった。ずっとシャワーだけだった。久々に湯船に浸かれる。
 まずはシャワーを浴びた。洗面ボウルと同じデザイン、レトロでどこかノスタルジックで。きゅっと捻ると丁度いい温度のお湯。思わずずっと浴びたくなった。
 次に湯船にえいやと浸かる。久々に足を伸ばして。気持ちよくて眠りこけそうになった。
 適度に暖まり、湯船を出て、髪を洗うことにする。シャンプーらしきものを手に取り、とにかく洗った。
 ここで、恋愛経験者なら、一人暮らしの男の家に夜上がるということは食べられるということを知っている。また、異性の部屋に泊まったことがある者なら、少なくとも下着の替えは準備する。だが麻衣子だった。分かる訳がない。そもそも今日のこの事態は突然だった。考えなど回らない。
 お風呂は命の洗濯と、誰かが言った。その通りだった。再び湯船に浸かったあと、さっぱりして風呂を上がった麻衣子は、体を拭き、髪を乾かし、着替えに手をつけた。麻衣子は夜ブラを着けずに眠る。だからそれはいい。
 あれ。ぱんつは?
 脱いだパンツをまた穿くなんて嫌だった。
 ちょっと待って。ぱんつが。な、ない?
 よく見れば脱いだ着物も消えている。残っているのは、さっきの着替えとタオルだけ。
「え、え、え!?」
 急いでその着替えを着た。それでバスルームを出ようとした。だが、
「な、なに。これ」
 着替えはでかいパジャマだった。もとい、男物のパジャマだった。いくら麻衣子でも分かったが、上衣だけだった。下がない。
 こ、このままお風呂場を出ろ、と?
「どうした」
 すぐ近くで今村の、甘いバリトンの声がする。ひょっとして、扉一枚向こうにいる? ひえー。
「あ、あの課長! わ、私の服知りませんか?」
 おばかな問いだった。
「洗った」
「えーーー!?」
「着替えたか」
「え」
「来い。飯だ」
 こ、こんな格好で。ぱんつも穿かず、ブラも着けず、乳首が浮き、襟が大きくて下手するとおっぱいぽろりみたいな格好で出ろと?
「いやです!!」
「何故」
 なぜ? そんなこと訊くか?
「さ、寒い!」
「分かった」
 するとバスルームの扉が開く。ひえー。
 今村はいつの間にかスーツから着替えていた。私服だ。そもそも今日が初対面だが、そんな姿は初めて見た。
 なぜかは麻衣子に分からなかったが、要するに彼に見とれていると、彼はシャツをバリっと脱いで麻衣子に着せた。つまり今村は上半身真っ裸。ついついその体を凝視してしまうと、いくら麻衣子でも息をのんだ。それは誰が見てもプロ並み、いやさプロ以上の、鍛え抜かれた鋼鉄のような体だった。むきむきではないが、信じられないほど逆三角形。どんな重いものを持ってもびくともしないような、血管の浮く両腕。体脂肪率一桁は間違いない。
「ひ、ひえー!」
 よく卒倒しなかった。麻衣子えらい。
 とはいえぐらりと体が揺れたので、今村はすかさず麻衣子を横抱きした。
「腕を回せ」
 言外に、何度も言わせるなという響きが漂っていた。誰に教わらずとも麻衣子には分かった。もはや真っ赤を通り越した麻衣子は、恐怖で逞しい今村にしがみついた。
 ソファにゆっくり座らされる。さっきもだが、扱いはとてもとても優しかった。慈愛に満ちて。愛情あふれて。
 あい、じょう?
 まさか。
 目の前には湯気立つ食事。サラダもあった。どう見ても一から手作りのドレッシングがかけてあった。
「あ、あの」
「なんだ」
「お料理……出来るんですか」
 おばかな問いだった。
「一人暮らしだ」
 もう少し説明して欲しいもんだ。
 今村はぱくぱく食べる。ここは食べねば失礼か。さっきからおなかが鳴る。いつのまにか吐き気は消えていた。
 ぱっくり食べた。おいしかった。
 食べおわると麻衣子は、入社以来一番の笑顔で言った。
「ごちそうさま! 美味しかったです!」
 嬉しかった。金曜夜の食事は麻衣子の生命線だったが、これは今までで一番だ。
 すると上半身真っ裸の今村が立ち上がり、麻衣子のそばに寄って来た。
 そういえばこんな人とこんな状況で。私は下半身なにも穿かず、この人は上半身裸。
 ……。
 えーっと。頭を整理するのよ麻衣子。どうして、この人は私のそばに寄って来るの? あの、近いんですけど……
「麻衣子」
 初めて名前を呼ばれた。知っていたの、私を。
 状況はそんなものではなかったけれど。
 ソファに座る麻衣子の前に、今村はひざまずいた。両手を恭しく麻衣子のほほに添え、自分をよく見つめさせて、
「よく聞け」
 麻衣子はなにがなんでも今村を凝視せざるを得なくなった。その表情。
 麻衣子は人見知りではないが、他人、それもさっき逢ったばかりの男性の顔をしげしげに見るなど出来ない。まして今村のなど。だから、このとき初めて真正面に向き合った。
 きりっとした意志の強そうな眉。眼力の強い瞳。すっと通った鼻筋。きりっと結ばれた唇。その気高さ。毅然とした迫力。ノーブルさまで漂わせ。
 総じて極上の男前。それが、麻衣子だけを見つめている。真剣そのもの、他など目に入らないような。
 人間には、教わらずとも出来ること、分かることがある。麻衣子でも。
「俺は麻衣子を愛している」
 まさかと思う。もしやと思う。
「今村麻衣子になれ」
 許容範囲外再び。
「ここに引っ越して住め。肩書きで呼ぶな。敬語は要らん」
 麻衣子の耳はおこさまの耳だった。
「政人だ。呼べ」
 あのー……
「君だのさんだの付けたら殺す」
 ひえー。
「麻衣子。呼べ」
 ひえー。
「麻衣子」
 また言外な。
「ま、まままま……政人さ……ひえー」
 今村の視線はまさに殺気だった。
「麻衣子」
 麻衣子は、今日で絶対10kgは痩せた、いやさ髪が真っ白になったと後に述懐する。
「ま。ま。ま。……まさ。と」
 呼んだらすぐに大人のキスが来た。
 麻衣子は恋愛初心者で、っつーかぶっちゃけ初恋すらしていない。処女もいいところ。キス? なにそれ。そんなおこさまだ。こんな上等テクニックを必要とする、慣れまくった、上手すぎるキスなど、卒倒とイコールだった。
「ん、ん、ん……」
 卒倒寸前に政人は唇を解放させる。
「鼻で息しろ」
 なるほど、と思ったらまたあのキスだ。
 どれだけされたか分からない。なぜ解放されたのかも。
「ん……」
 上気した表情で息も整わぬ麻衣子を、政人は抱え上げ、寝室に連れて行った。
 恭しく、優しくベッドにおろされる。どんなおばかな麻衣子でも、これからなにをされるか分かった。
 上衣だけなど、百戦錬磨の政人にとっては着ていないも同然。するする脱がし、胸を揉む。
「ぅン!」
 左胸だった。心臓を鷲掴みにされたのだ。
「優しくする……」
 政人にしては珍しく、声が掠れていた。
 しかし、言葉とは裏腹に、次に来た感覚は痛い、だった。
「あ! んー!」
 首筋に噛み付かれたのかと思った。
「い、痛いで」
「殺す」
 ひえー。
「な、なん、で痛いの、や、やさしくするって」
「済まん。今のだけだ」
「あ、あの!」
「なんだ」
 言うのは今しかなかった。
「あ、あので、ひえー。あのね、こ、こここういうことは、もっと段階を踏んで行うのが普通じゃないでしょ、ひえー、普通だと思うの!」
「気にするな」
 します!
「麻衣子は俺を愛している」
 なぜ私が現在形なのですか?
「普通と言うが、経験有りか」
 うっ。
「な。ないで、ひえー。ないもん」
 おこさま麻衣子。
「なら何故普通と言う」
 うっ。
「だ。だって。ね?」
「怖いのは最初だけだ」
 いや、ぶっちゃけ最初から今もですから。
 すると麻衣子の両脚が、がっぱりと割られた。
「い、いやー!」
 つつー、と指を下に這わす政人。
「だ、だめだめだめ!」
 指はしげみの奥へ。
「あ、ぅー、うー!」
 次に息がそこでする。
「ちょ、ちょっと! かちょー!」
「殺す」
 ひえー。
「麻衣子。呼べ」
「よ。呼べば止めてくれる?」
「まさか」
 そうでしょうね……
 もちろん止める訳のない政人に、麻衣子はあっけなく最後までやられた。