blog 81

Sun,27 Jul 2003

He strayed from the path of ... 7. 頭を下げた理由

more...

 処分の内容が内容だったんでな。なにを思ったのか、あいつは俺の得意分野に興味があったらしくてな。だったらこれで贖罪するかと思って、俺の部に入らせた。
 斉はどう見ても魅力的な俺様に梅の字がコロっと参っちまうんじゃねェかと心配していたが、どっこいこっちはそういう立場だ、有り得ェ。だから部室で二人っきりで対峙した。惚れたさ。正体が分かって自分の立場を自覚しながらなお惚れ直した。
 梅の字は当初、いや、ケッコンする直前まで斉から逃げたがっていた。あんときゃ特にだったようでな、豪快に振ってんでやんの。その時の斉の面ったらなかったぜ、人生終わりってカンジだった。だから言ったさ、諦めろってよ。借りがどうのなんて領分じゃねェ俺の、最初で最後の我が儘さ。……厭だとよ。
 で、諦めた。マジでな。

 振られた斉をあの部に入部させて、くっつけるって手もあったが、後からわざとらしく入部させたらなお引いちまうだろ。だから、ケリが付くまで斉を入部させなかった。
 ホレ抜きにしたって二律相反獄中生活にゃ変わりねェ。騒動の直接じゃなくても荷担者はF組に次いで多かったE組じゃ俺は孤立していた。確かにF組とE組は同罪だが、俺はその次元が違う。坂崎が動いてもなおただ居座り続けたからな。斉と相棒だというのは入学式当日に全員知っていたさ、俺てナカナカのユーメー人なんだよ、斉の相棒ってだけのな。だから合同の作業をしていると全員知っても、そんなのは当然としか見られなかった。
なんであの時大声で自分達を止めなかったんだ
 ……そういう目、目、目。とっても耐えられねェ。だから安寧を得たくて……別なものを見た。それが西園寺。

 西園寺の下らねえ噂は知っていた。あれだってユーメー人だからな。
 データ云々の前にツラも知っていた。成績は以前から知っている。だがあの瞬間、そんなものは全部吹っ飛んだ。ホントに、マジで、ただひたすらその個人だけに、惚れたのさ。……どれだけ安堵したか、分かるかよ。

 とにかく斉と梅の字は上手く行った。あーよかったなー、と思った。そしたら梅の字の野郎、あいつァ色香あるのよな。ヤられた次の日いやになる程分かったさそれが。人の背後でさ、ぷんぷんフェロモン撒き散らせてくれやがんの。惚れてたの思い出しちまってさ。だから集中力全開して追い出そうとした。
 つもりだった。が……。
 よく考えりゃ、こいつは俺より集中力のあるやつと一年間つきっきりだった。そんでもおベンキョがあの通り、というのは置いといてもさ。
 そして、俺と同等の集中力な野郎の隣の席だった。
 というのをすっかり忘れてな。まあ大したもんだと感心した。

 そしたらあの、世紀の大事件だ。俺は斉を殺せなかった。そうするべきだった。後悔なんてもんじゃなかった。
 この件に関してはマジ梅の字に事態解決を一任した。今から思えば俺があの時緊縛をプレイかまして訊くべきだったかも知れねえが、俺にゃ余り過ぎる大事件だった。だから本当にマジで梅の字に全てを託した。
 そしたらまたしても、あいつは全部をその身に負って解決した。
 と思っていた。
 ここにいる全員は分かっているだろうが、梅の字に本当の意味での解決能力は無い。ひたすら自分だけを傷つけ、加害者にとっては生涯の禍根になる方法でしか、あいつは事態を切り抜けられない。加害者がそれに甘えた場合、延々後を引き摺るハメになる。
 そう、梅の字は、
自分はやるをことやった、だからあんたも甘えるな、自分のように血を流してでも、全てを捨てても自力で解決しろ。
 と、態度でいつも語っていたのさ。加害者は被害者に解決して貰った、とつい思い込んじまう。本当は解決なんかしていないのにな。あいつァ自分を誤解させる能力はこの星一番だ。
 あいつがぶっ倒れた時頭下げたのはそういう理由だ。斉が下げたからそれじゃ俺も、なんかじゃねェ。

...next

Powered by Movable Type