blog April 2002 archive

Mon, 1 Apr 2002 181

 以前は二次創作をしていました。それが前世紀。半年ほどで活動を停止。2001年はなにもしていませんでした。このまま創作ヲタ活動は止めるんだろうなと思っていました。
 夢にかかわることを200話書いた時、体調まで引きずられ、加齢もあるとはいえ色付きの夢さえ見ることもなくなり、全て出し切ったと思ったんです。疲れていました。
 それが2002年春、畳のはしっこを見て全てを思い付いた。あの時の衝撃は忘れられません。全てが始まった。

 物語は当初の思いをなんら曲げることなく、なんとか無事に終えることが出来ました。推理ものだから、破綻する可能性があった。破綻を求めて徹底的に考えた。あれが創作の青春時代だった。

 全ての、長々編を書ききった方々と、酒とともに。

Powered by Movable Type